2011年08月04日

タイタンの戦い

ギリシャ神話の勇者ペルセウスを主人公にした物語です。
ペルセウスといえばコレ!というぐらい有名な、メデューサの首を使って
魔物を倒し、アンドロメダを救うというのがメインのストーリー。

主役ペルセウスを演じるのは「アバター」の彼。
やっぱりボウズです。よっぽどお気に入りの髪型なんでしょう。

友情あり、愛情あり。
映像的にも迫力があります。
神話ベースだからストーリーも安定してる。

個人的に結構いい映画なのではないだろーかと思うのに
イマイチ人気がなかったのは、今更映画で見なくてもいいかもって気がするからか。
ペルセウスがやったかどうかは知らなくても、アンドロメダが救われる話は
大抵の人が知ってるだろうからねぇ。

あとずーっと異形の怪物と戦ってばっかりってのもなぁ…。
本当に戦いっぱなしだったし。
そればっかりも飽きる。

でも、何がいいってペガサスがいいんだよ。
ペガサス乗って空飛びたい!
あのペガサス超欲しい!!!


ペルセウスはゼウスの息子なので、ゼウスも頻繁に出てくるのですが
天上にいるときはやたらキラキラしい鎧をまとっている。

それ、聖衣???ってか神衣????


せっかくオリンポス十二神が出てるのにスポットが当たってるのはゼウスのみ。
アポロンちょい役。
ラスボス・ハデスもただの陰気なおじさん。
聖闘士星矢のハーデス様みたいに若くてメチャ美形って設定が良かったなぁ〜〜。

あとヒロインが意外でした。そっちなんだー。

昔、聖闘士星矢見て小宇宙燃やした人なら、ニヤニヤしながら見られるかも??
posted by tanny at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画