2008年12月17日

厄除祈願をしよう

松山から今治へ行く間に、「やくよけ大師 遍照院」があります。


それがどうしたって?
厄除祈願してもらうんですよ。私は今年前厄ですから。

といっても既に12月も半ば。いささか(?)出遅れた感はありますが、してもらわないよりマシでしょう。
はっきり言って、人生のお疲れ度が祈祷でどーにかなるとは思いません。
「行ってない」と友達に言うと「絶対行け」と言われちゃったし、祈祷代以外減るものもないので行くことにしました。
温泉行くついでに行けますし。
あ、違った。
厄除祈願してもらうついでに温泉行けますし。

今の時期は日曜の正午からしかしてないんですってよ。
前の日温泉行くのに通った道を翌日も通る羽目になるとは…。

受付をすると、今なら本厄分も受け付けてますよ。どっちにします?と聞かれました。
しかし、今年は今年、来年は来年でしょう!
あと数週間で今年が終わるとはいえ、この辺はきっちり区別しとかないと。
私は今年分でお願いしたのに、その後受付してたおじさんは「来年分で」と言ってました。
…そうなの?

正午前に本堂に入り、時間が来るのを待つ。
すると、坊さんが三人もやってきた。こりゃー豪勢な。
「般若心経なので、知ってる人はご一緒にどうぞ」だそうです。
しかし、出だしはなんつーか…太鼓は叩くわ、チーンとならすわ、声が揃ってるわで読経というより民謡のコンサートっぽい。
中央では住所・氏名・年齢を書いた板を燃やしていきます。護摩っていうんだっけ?
最後に焼香して合掌してる間に坊さんがお経を書いた冊子でお祓いしてくれたあと、本堂を出て、お札を受け取ったら終了です。

四国で有名な厄除祈願所は徳島県日和佐にある薬王寺ですが、ここは受付したら翌朝祈祷しときますねーってシステム。
遍照院は目の前でやってくれるから、こっちの方が効果ありそう。

1月2月は回数も多いので、次は本厄で行きましょうかね。
posted by tanny at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24427856
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック