2009年01月05日

年末旅行 2008

毎年恒例年末旅行です。
今年はずーっと行きたかった秋芳洞付近を2泊3日で。


1日目。
日本海側にある角島を目指します。角島大橋が有名なのかな?
デカイ橋
途中に何度も風車を見かけて(私一人)大興奮でしたが、曇り空&風車までが遠い&移動中だったためビミョーな写真しか撮れず。

そこから日本海沿岸を東に移動して「黄波戸温泉 彩波」で宿泊。
姫プランの食事が豪勢すぎて、胃の内容物が逆流しそうなほど食べました。
刺身とかベーコンとか、クジラの料理がいくつか出てきました。
クジラは太平洋ってイメージだったけど、そうか、日本海にもいるんだよね。

ここの展望露天風呂はサザエさんのオープニングでも出てきたという有名どころ。
私には熱すぎて5分で退散。

写真は翌朝部屋から撮ったもの。
釣り人からは丸見え

2日目。
本日のメインは秋芳洞!
私にとっては旅のメインでもあります。

近場では龍河洞がありますが、そこになくて秋芳洞にあるのは百枚皿。
ホントは五百枚だって
これがずーっと見たかったんですよねぇ。
こういうのを見ると自然の神秘を感じずにはいられません。
もちろん、人間の手で作り出されたものだって素晴らしいものですけどね。

秋芳洞の次は秋吉台へ…行ったけど、枯れ葉すぎて面白味なし。

時間が余ったので青海島まで戻り、前日時間がなくて行けなかった「くじら資料館」を目指す。
くじら乗ってます
が、年末はお休み。
ちなみに、秋吉台の科学博物館もお休みでした。
年末ってこれだから…。

そして、この日の宿「美川ムーバレー山ほたる」を目指します。
宿泊者限定のナイトツアーに参加しました!
このナイトツアー、一日三組限定なのです。
といっても、今回の参加者は私達のみ…。経営大丈夫なんでしょうか??

ナイトツアーとは、併設する地底王国(鉱山跡地の洞窟)を探検する、というもの。
ただし、洞窟内の照明はすべて落とされ、渡された懐中電灯の明かりのみで進まなくてはなりません。
しかも、出口は施錠されており、その鍵を開けるための4桁の数字を謎解きしながら見つけるのです!
ちなみに、90分の制限時間ありで、それを過ぎてしまうと救助隊がやってくる羽目に…。

いやー、「モノより思い出」にふさわしい体験でしたね!!

まず一発目の謎からつまづき、それが最後まで尾を引きました。
その謎が解けたと思ったら、違うところでもすっ転んで、結局脱出できたのは制限時間ギリギリの88分!
それも出口で待ってたスタッフにヒントをもらって。

ま、楽しかったからいいや!!
↓謎の一部↓
デジカメ撮影というズルを実行

脱出後、空を見ると満天の星空!
ここまでキレイなのはなっかなかないですよー。

3日目。
地底王国探検・昼の部でございます。
昨夜と違って明かりが灯ってます。明るいっていいね!
今度は小さなプレートを手渡され、洞窟内の各所にそのプレートをはめ込める石版があるので、その近くにある紋章を探し、謎を解いていくというもの。
夜よりかーなーり簡単でした。
でも、どっちがおもしろいかっつったら、やっぱり夜ですね!

その後、砂金取り。
30分の時間制限でしたが一回すくったら2〜3粒は入っており、そこそこ取れました。
私、才能あるかも???

最後は広島市内に寄ってお買い物。
すでにバーゲンが始まっていて、5千円の服が千円で売ってたので、つい購入しちゃいました。

今回の旅行はなかなか楽しかった。
山口に行った際は「美川ムーバレー」へどうぞ。オススメです。
posted by tanny at 21:47| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます!
今年も全然更新できていませんが(泣)、よろしくお願い致します〜。
tannyさんの旅レポはいつも楽しいですね。
ツボにハマると言うか(笑)
とりあえずムーバレーの謎が気になります。
解きたい。
Posted by 佐奈 at 2009年01月20日 01:30
>佐奈さん

明けましておめでとうございます。
こちらこそよろしくお願いいたします!

旅レポ、楽しいと言ってくださってありがとうございます。
励みになります。

ムーバレーはかなりオススメです。
料理長が厳選した食材を使った料理とか豪華な部屋なんてものはありませんが、暗闇の中、友達と協力して謎を解く課程が楽しくて心に残ること間違いなしです。
もし行かれる場合、旦那様と二人だとちょっと心細いかもしれません。
Posted by tanny at 2009年01月20日 23:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25208180
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ティーダ
Excerpt: 現時点でティーダが最有力です。そこでティーダについての長所・短所を教えてください。
Weblog: ティーダ
Tracked: 2009-01-14 00:16