2009年12月14日

クリスマスケーキ

この時期になるとCMやらチラシやらで必ず目にします。
昨日もCMを見ていた母がボソッと一言。

「なんで、クリスマスにケーキを食べるんやろうね」

そういわれてみればそうだ。

ちょっと調べてみると、日本のクリスマスケーキは不二家が元祖らしい。
なんと、1910年からとか。
来年でちょうど100年じゃん。すげ!

というわけで、日本でこんなに広まったのは、バレンタインのチョコなみにお菓子メーカーの陰謀に近いことがわかりました。
日本以外だとブッシュ・ド・ノエルとかシュトーレンとかを食べるみたいですね。

母親の一言に対する明確な答えは探しきれませんでした。
やっぱり、キリストの誕生日だからバースデーケーキでは?ってのが多かったです。
なるほど。きっとそれだ。
posted by tanny at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ティーダさん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34194464
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック