2010年09月14日

オルソケラトロジー

オルソケラトロジーとは、角膜を矯正して視力を回復する治療法です。
寝るときに特殊なコンタクトレンズをつけ、近視の場合は角膜が凹むように癖づけます。
そのへこみが凹レンズのかわりになって、見えるようになる、というわけ。

詳しくは「オルソケラトロジー情報館」でどうぞ。

今回、それを始めてみることにしました。

…の前に、その治療法が適しているかを検査します。
視力やら眼圧やら角膜の形やらいろいろ調べた後、テストレンズをつけ、時間をおいてまた検査。
レンズをはずして、も一度検査。
で、最後に医師の説明があって終わり。

待ち時間も結構長いので、実質5時間ほど病院にいました。
さすがに疲れた…。

 
検査の結果、私はかなりの近視であることがわかりました。

裸眼の視力はなんと、右:0.01、左:0.02
これ以上下がったら0.009とかの表記になるんでしょうか。聞いたことないなぁ。

近視度・屈折値を数値で表すと、右:-12.50、左:-9.75
-8.0以下だとレーシックすら受けられないそうです。
レーシックかコレかで悩む必要がなくなったから良かったといえば、良かったかも。
怖い思いしなくてすむし。

こんなに詳しく調べてもらう&説明してもらえるので、検査だけでも受ける価値はあると思います。

で、テストレンズをつけた後の状態は、視力が右:0.03、左:0.04、近視度・屈折値が右:-10.25、左:-7.75に回復してました。
これはなかなかの成果だそうで。
ただし、元々の近視がひどいので、この治療をしたとしても視力は0.3ぐらいにしかならないだろうと言われました。

がーん。
これはショック!

始めさえすれば、ウキウキワクワク裸眼生活になれる!と思っていただけに、その夢が開始前から打ち砕かれてかなり凹み気味。

おとなしく通常のコンタクトで我慢するという手もありますが、医学的な面からこの治療を勧められました。
ここまで強度の近視だと、網膜剥離になる可能性も高いそうです。
近視の人は、視神経に刺激がいかないので視神経が細くなって、網膜がベリッとはがれやすくなるんだと。

それはそれで嫌だ。

このオルソケラトロジーしたからって、網膜剥離にならないってわけではないけれども。
今回のテスト結果はまずまずでしたし、もしかしたら0.3以上の視力になれるかもしれません。
とりあえず、網膜剥離予防を目的として治療開始したいと思います。

次回は11月。
私用のレンズが届いてからになります。

そろそろ歯の手術も近づいてるはずだからなー。
どうなるかなー。

しっかし、ホント、金がかかることにばっかり悪いところがある体だよ。
posted by tanny at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼の矯正
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40711571
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック