2011年05月13日

ハードル越えてきました

4月27日。

アゴの手術を受けてきました。


前日の26日に入院。
夕食後、0時からは食事禁止。
手術当日の10時からは水分も禁止です。

手術は13時から。
看護士が迎えに来てから手術着に着替え、手術室へは歩いて向かいます。

手術の間は全身麻酔ですので、さーーーっぱり記憶はありません。
終わった直後ぐらいに「tannyさん、手術終わりましたよ」と
言われたことは覚えてます。

手術自体は、上顎下顎両方を切りました。
上顎は骨を横に切断し、少し削ってボルトでくっつけます。
こうすることで笑ったときに歯茎が見えるのが解消されます。
下顎は奥歯の奥あたりを左右とも垂直に切断します。
三つに分割されるので、真ん中の骨を奥に押し込み受け口を治します。

手術は順調に終わりました。
しかし、問題はここから。
 
手術後は、ICUに移されます。

横にして寝ると窒息する恐れがあるため、頭側を60度に起こした状態で寝ます。
ってか、寝られるわけがない。

口はゴムで固定されているため、息がままなりません。
そのため、片方の鼻にチューブを入れ、呼吸をしやすくします。
ってのは理論上のハナシで、実際はズーズー鼻がつまってしゃーない。

そのたびに鼻に管を通して吸引してもらいます。
血液混じりの鼻水が吸引されていくのです。
それを15〜30分に一回ぐらいやってもらわないと息ができません。

それもあって寝られません。


28日になるとICUから個室に戻されます。
が、その前にレントゲン撮影。
車いすに移るのでさえヘロヘロなのに、レントゲンって…。

個室に移ってからもベッドの60度は保持。
鼻チューブも鼻吸引もそのまま。

手術後の痛みというのはほとんどありません。
が、この息ができないというのが一番苦しい。

実際は息はきちんとできてます。
でも、鼻のズーズーが気になって息ができない気分になるのです。

個室に移って最初の夜はほとんど一睡もできず。
ICUにいたときよりも寝られませんでした。

まともに寝られるようになったのは、吸引してもらったときに血の塊が取れて
ズーズーがなくなってから。
術後3日目ぐらいだったかなー。

術後5日目からは大部屋に移ります。
この頃には鼻チューブは取れてますが、60度と吸引は継続。
水平に寝られるようになったのは、退院3日前からでした。

ちなみに、退院の条件は五分粥が食べられることと
昼夜のゴム掛けが自分でできるようになること。
この条件クリアは結構早かったです。


あとは…そうそう。
顔の腫れね。
ICU出てからピークを迎えました。
このピークのときに父親が面会に来て、絶句してました。

今もまだ腫れてます。
鼻の下とかほっぺのあたりの感覚があまりなく、
しびれたような感じがしてます。
これはまだしばらく続くみたいです。

マウスピースを噛ませたままなので、しゃべりにくいのと
口が開かないので、歯磨きもできません。
食事もペーストばっかりなので、飽きました。

ま、あせっても仕方ないので、ゆっくりじっくり治していきます。
なんたってもうラストスパートの段階なんですから!!

月曜日からは仕事にも復帰です!
posted by tanny at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯の矯正
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45154488
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック