2011年07月30日

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン

いやあ、スケールのでっかい話だったなぁ!!


以下、ネタバレあり。
 
まず、アポロ11号が月に行ったのは月の裏側(ダークサイド)に墜落したサイバトロンの宇宙船調査のため。

ほほー、そんな捏造しちゃいますか。

その事実を知ったオートボットたちは、その宇宙船を調べに行く。
そして、かつての指導者センチネル・プライムを救い出す。
同じく船に隠されていた新技術をめぐる争いが始まる。


今回はオートボットとディセプティコンの色分けが明確で、区別がつかないなんてことはほとんどなく。
変身時もスローになるのでじっくり見られます。
3Dなので迫力も満点!
バトルシーンの3Dもいいけど、発着場でオプティマスとサムが話するとことか
すごく奥行きを感じた。

前回絡みが弱いなぁと感じたサムとバンブルビーの絆もバッチリ!
サムとオプティマス、サムとバンブルビー、それぞれあってよかった。
バトルシーンは多少長いけど、映像的に迫力があるので楽しめます。

トランスフォーマーのいいところは、戦うのがロボットたちだけじゃないってこと。
人間と協力して戦うのがいい。
レノックス大佐が格好いいんだよなぁ。

サムもいい。
後半になるといつでも全力疾走!
応援したくなる。

全体的にかなり満足でした。
ただ1つだけ残念だったのは、サムの彼女。
大人の事情があるのはわかる。わかるけど、彼女は変えないで欲しかった。
演じる人は別でもいいから彼女はミケイラのままが良かった。
今の彼女も美人なんだけど、サムとの絆がちょっと弱いんだよなぁ。
本当にそこだけが残念。


そういやサムの両親途中から出てこなかったけど無事なのかな。
posted by tanny at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47040762
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック